最近増えてきましたよね、ドッグカフェ。

大切な家族の一員のワンちゃんといけたり、お店の名物看板犬がいたりして人気です。

ドッグカフェのような食品と動物を同時に扱う業種で何より問題となるのが衛生面で、通常の飲食店等と比較しより厳格な衛生管理を行う必要があります。

しかし今のところ、ドッグカフェの営業許可というものは存在せず、明確な衛生基準や審査基準というものは定められていません。

現在、各自治体により許可の運用状況が違い一概には言えませんが、いろんな動物を扱うカフェがある中、ここではドッグカフェを例にして、動物と食品を扱うのに最低限必要な許可等を書いていきます。

2つの営業スタイルで許可が違う

ワンちゃんが入れるお店は2種類の営業スタイルに分けられます。

  • ワンちゃんが立ち寄れるドッグカフェ
  • 看板犬など常にお店にワンちゃんがいる店

この2種類、似ていますが取得する許可が変わってくる恐れがあります。

ワンちゃんが立ち寄れるカフェ

ワンちゃんが立ち寄れるカフェに必要な許可は飲食店営業許可のみになります。

ただし飲食店営業許可に加え、保健所ごとに別途基準やルールが決められてます。(基準やルールは後述します)

通常の飲食店営業許可を取得するのと同様に、食品衛生責任者の選任や飲食店営業許可の施設の基準を満たす必要があります。

飲食店営業許可の詳細は下記をご覧ください。

飲食店営業許可

看板犬など常にお店にワンちゃんがいる店

看板犬などをお店に置く場合は飲食店営業許可のほかに第一種動物取扱業(展示の登録がいります。

動物の販売、保管、貸出し、訓練、展示、競りあっせん等をするには第一種動物取扱業の登録が必要になります。

看板犬はワンちゃんを展示しているとみなさみなされます。

猫カフェや、フクロウカフェなども第一種動物取扱業(展示)の登録が必要になります。

ちなみに、お客様のワンちゃんなど預かるとなると第一種動物取扱業(保管)の登録が必要になったりします。

第一種動物取扱業を登録するには、1名以上の常勤の動物取扱責任者重要事項の説明等を行う職員(動物取扱責任者が兼ねてOK)を配置しなければなりません。

動物取扱責任者になるには下記のいずれかの条件が必要になります。

  • 営もうとする動物取扱業の種別ごとに半年間以上の実務経験があること
  • 営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術について一年間以上教育する学校その他の教育機関を卒業していること。
  • 公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること。

二種類のお店の形態で必要な資格や許可は以下になります。

営業形態必要な資格必要な許可
ワンちゃんが立ち寄れる店
  • 食品衛生責任者
  • 飲食店営業許可
常にお店にワンちゃんがいる店
  • 食品衛生責任者
  • 動物取扱責任者
  • 飲食店営業許可
  • 第一種動物取扱業(展示)

※スマホの方は横スクロールします。

飲食店よりルールが厳しい

ドッグカフェ専用の営業許可というものは存在せず、明確な衛生基準や審査基準というものは定められていませんが、飲食店営業許可の施設基準に加え保健所ごとに基準やルールを設けています。

名古屋市が公表している「ドッグカフェに対する衛生指導要綱」というものがあり、全国の保健所もこれに近い運用をしていることが多いので抜粋して書いていきます。

  • ドッグカフェであることを明示すること
  • 調理場と客席との間に区画を設けること
  • 客席に手洗いを設けること
  • ワンちゃんの食器と人が使う食器を洗う場所を分けること
  • ワンちゃんの食べるものを調理する場所と、人が食べるものを調理する場所を分けること
  • ワンちゃんに食器、椅子・机等に触れる等の非衛生的な行為をさせないこと
  • 利用客はブラッシングを行わないこと
  • 客席内で排尿・排便をさせないこと
  • 食品取扱者はワンちゃんに触れないこと
  • 営業許可申請書にいわゆる「ドッグカフェ」である旨を記載すること

上記のように通常の飲食店より衛生面に気を使った施設の基準だったり、ルールを決め明示しないといけません。

非衛生的な行為をさせないとはどの程度の行為か?客席内で排尿・排便をさせない場合はどこでさせればいいか?など上記の文面ではわかりづらいものは保健所で確認する必要があります。

まとめ

もう一度必要な資格や許可を書いておきます。

営業形態必要な資格必要な許可
ワンちゃんが立ち寄れる店
  • 食品衛生責任者
  • 飲食店営業許可
常にお店にワンちゃんがいる店
  • 食品衛生責任者
  • 動物取扱責任者
  • 飲食店営業許可
  • 第一種動物取扱業(展示)

※スマホの方は横スクロールします。

ドッグカフェをはじめペットカフェの形態も多様化してきており、施設基準もどこまで満たせばよいか判断がつきにくくなっています。

ドッグカフェを開業予定の方は必ず保健所と事前相談などしてお店作りを進めていきましょう!

当事務所ではドッグカフェをはじめとするペットカフェの許可取得のお手伝いをしています。
よろしければご利用ください。

お問い合わせ

メールやLINEでの相談は無料です。

飲食店の開業についてや、必要な許可のことなどお気軽にご相談ください。

またお電話、面談でのご相談をご希望のお客様はあらかじめこちらのメールフォームよりご予約ください。

ご連絡、心よりお待ちしています。