飲食店を始める場合や、食品を製造・販売するには、食品衛生法や各都道府県の条例で決められた許可・届出が必要になります。

ご自身で上記の法律や条例を読み解くのは面倒だと思います。

ここでは神奈川県で必要な許可と届出をまとめましたので、これから神奈川県で食品関係の事業を始める方はご参考にしてください。

また、どれか一つの許可や届出が必要というわけでなく、複数許可を取得しないといけない業種もありますのでご注意ください。

政令で決められてる許可

全国一律で決められてるものは4つの業種に大別され、さらに34種類に分かれます。

34種にそれぞれ許可があるので、許可も34種類あります。

※下記の表はスマホの方は横スクロールで見れます。

 調理業飲食店営業食堂、日本料理店、レストラン、中華料理店、東洋料理店、そば店、うどん店、
寿司店、回転寿司店、仕出し弁当店、持ち帰り弁当店、調理パンの製造、
ホテルや旅館の厨房、自動車を使って行う移動営業施設など
喫茶店営業かき氷を販売する営業やジュース等のコップ式自動販売機など
調理行為はできません
 製造業菓子製造業ケーキ、あめ、せんべいなど社会通念上菓子と認識されているものや、
チューインガムを製造する営業やパン製造業など
あん類製造業あずき、いんげん等のでんぷん性の豆を蒸して、砕いて製造し、
湿ったままのものや砂糖などで味付けしたものなどを製造する営業
アイスクリーム類製造業アイスクリーム、アイスシャーベット、アイスキャンディー、
みぞれ等液体食品又はこれに他の食品を混和したものを凍結させた食品を製造する営業
乳製品製造業クリーム、バター、チーズ、練乳、粉乳、
発酵乳等の乳製品及び乳を主要原料とする食品を製造する営業
食肉製品製造業ハム、ソーセージ、ベーコン等を製造する営業
魚肉ねり製品製造業魚肉ハム、魚肉ソーセージ、魚肉ベーコン、
かまぼこ等魚肉を主要原料として製品を製造する営業
清涼飲料水製造業ジュース、コーヒー等清涼飲料水を製造する営業
乳酸菌飲料製造業乳等に乳酸菌又は酵母を混和して発酵させた飲料で、
発酵乳以外のものを製造する営業
氷雪製造業氷を製造する営業
食用油脂製造業動物性、植物性及び中間製品、完成品を問わず、サラダ油、
天ぷら油等の食用油脂を製造する営業
マーガリン又はショートニング製造業マーガリン又はショートニングを製造する営業
みそ製造業みそを原料から製造する営業
しょう油製造業醤油を原料から製造する営業
ソース類製造業ウスターソース、果実ソース、果実ピューレー、
ケチャップ、マヨネーズを製造する営業
酒類製造業酒の仕入れから搾りまでを行う営業
豆腐製造業原料から豆腐そのものを製造する営業
納豆製造業糸引納豆(豆納豆)、塩辛納豆(浜名納豆)などを製造する営業
めん類製造業生めん、ゆでめん、乾燥めん、そば、マカロニ等を製造する営業
そうざい製造業そうざいとは、煮物(つくだ煮、煮しめなど)、
焼き物(炒め物、串焼きなど)、揚げ物(から揚げなど)、
蒸し物(シュウマイ、茶碗蒸しなど)、
酢の物及び和え物(ゴマ和え、サラダなど)等、
通常副食物としてそのまま摂食されるものをいいます。
そうざい製造業とは、このようなそうざいを製造する営業をいいます
かん詰又はびん詰食品製造業客観的に見て内容食品を細菌進入による腐敗を防止
もしくは空気遮断によりその酸化を防止する等によって、
相当期間保存することを目的として缶又は瓶にいれられ、
かつ、缶又は瓶の気密部が一度破壊された場合、
再び容易に復元できないような方法で密栓又は密封された食品を製造する営業
添加物製造業食品衛生法第11条第1項の規定により規格が定められた
添加物を製造する営業
処理業乳処理業牛乳、殺菌山羊乳、脱脂乳、加工乳の処理又は製造を行う営業
特別牛乳搾取処理業特別牛乳の搾取及び処理を一貫して行う営業
集乳業生牛乳又は生山羊乳を集荷し、保存する営業
食肉処理業食用の目的で獣畜をと殺もしくは解体する営業又は解体された
鳥類の肉・内臓等を分割・細切りする営業
食品の冷凍又は冷蔵業魚介類を冷凍又は冷蔵する営業、冷凍食品を製造する営業を
食品の放射線照射業放射線を照射する営業
販売業乳類販売業直接飲用される牛乳、山羊乳もしくは乳飲料
(保存性のある容器に入れ、115度以上で15分間以上加熱したものを除く)等を
販売する営業
食肉販売業獣鳥の生肉(骨・臓器を含む)を販売する営業
魚介類販売業店舗を設けて鮮魚介類(鯨肉を含む)を販売する営業
魚介類せり売営業一定の場合において生産者又は仲介人の依頼を受けて主として、
せりの形態により魚介類を販売する営業
氷雪販売業氷を製造業者又は採取業者から仕入れて小売業者等に販売する営業

上記のように34種類の許可に分かれていますが、各都道府県ごとに営業施設に対する基準が異なりますのでご注意ください。

条例で決められてる許可

神奈川県の条例で決められている許可は大きく分けて4種類あります。

  • ふぐ営業認証申請
  • 魚介類加工
  • 魚介類行商
  • はっ酵乳販売業

ふぐ営業には飲食店営業許可など、ほかの許可も必要になります。

他の都道府県ではこれらの許可は必要ない場合がありますのでご注意ください。

条例で決められてる届出

許可の申請は役所から「許可」や「不許可」などの判断を受けますが、「届出」の場合は必要書類がそろっていれば受け付けてもらえ、手続きは終了になります。

下記にある営業をする際は役所に届出が必要になります。

  • 乳搾取業
  • 食品製造業
  • 野菜又は果物販売業
  • 総菜販売業
  • 菓子販売業(パン販売業)
  • 食品販売業
  • 食品添加物製造業
  • 食品添加物販売業
  • 氷雪採取業
  • ふぐ加工製品の調理、加工
  • ふぐ加工製品の販売

他の都道府県ではこれらの届出は必要ない場合がありますのでご注意ください。

まとめ

上記にあるように食品関係の許可は多くあります。

このページに記載のない食品を取り扱う場合や、ご自身でどの許可が必要か判断できない場合は、出店予定地域を管轄する保健所に確認しましょう。

最近ではお店や食品工場の形態も多様化しており、許可が複数必要だったりして複雑化しています。

当事務所では各種許可の取得や、届出のお手伝いをしています。

相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

メールやLINEでの相談は無料です。

飲食店の開業についてや、必要な許可のことなどお気軽にご相談ください。

またお電話、面談でのご相談をご希望のお客様はあらかじめこちらのメールフォームよりご予約ください。

ご連絡、心よりお待ちしています。