お酒をお客様に提供するには原則、酒類小売業免許が必要になります。
瓶やボトルを未開栓のまま販売する場合などがこれにあたります。

ただし飲食店などで料理に付随する形で開栓して提供する場合には酒類小売業免許は必要ありません。

酒類小売業免許が必要なのは酒屋や通販で酒を販売するのに必要な免許になります。

酒類小売業免許はさらに「一般酒類小売業免許」と「通信販売酒類小売業免許」にわかれます。

酒類小売業免許の要件

ここでは酒類小売業免許を取得するための要件を見ていきましょう。

酒類小売業免許は、以下のような要件を満たすことで取得することが可能です。

  • 人的要件
  • 場所的要件
  • 経営基礎的要件
  • 需給調整要件

人的要件

人的要件とは販売をする人や販売会社の役員等が一定の条件満たしているかということです。

以前に免許の取消や刑罰等を受けていないことが条件になります。

場所的要件

場所的要件とはお酒を売る場所が一定の条件を満たしているかというものです。

  • お酒の製造場や他の販売場、料理店と同一の場所でないこと
  • 販売場の区画や販売従事者、レジなどが他の営業と明確に区分されていること

以上のように販売場所が独立していることが重要になります。

経営基礎的要件

経営基礎的要件とは、免許を取得して酒類販売をしようと思っているものが資金、経験、経営状態としてふさわしいかどうか、営業するのに十分な知識があるか判断する基準のことです。

以前に税金の滞納がある場合や資金面に問題がある。
また小売業を経営するに十分な知識及び能力ないと判断された場合は免許は付与されませんのでご注意ください。

需給調整要件

需給調整要件とはどこから仕入れて、どこにどのように販売するかなどが明確かというものになります。

  • 販売先が原則としてその構成員に特定されている法人又は団体でないこと
  • 免許の申請者が酒場、旅館、料理店等酒類を取り扱う接客業者でないこと

上記の条件を満たしかつ、長期安定的に酒類の販売と管理体制構築ができて仕入れ先や販売先を明確にする必要があります。

お問い合わせ

メールやLINEでの相談は無料です。

飲食店の開業についてや、必要な許可のことなどお気軽にご相談ください。

またお電話、面談でのご相談をご希望のお客様はあらかじめこちらのメールフォームよりご予約ください。

ご連絡、心よりお待ちしています。