飲食店や居酒屋をやっていくうえで知っておいてほしいものに「接待」という行為があります。

会社員の方ならゴルフや会食などをするなどの行為で使われるのが一般的でしょう。

会社員の方が使う「接待」は取引先との友好関係を築くためにもてなす行為のことを指しますが、飲食店関係でで「接待」というと意味も変わりお店側が「接待」するを場合、取得する許可も大幅に変わってきます。

ここでは「接待」について詳しく書いていきます。

接待とは?

飲食関係で使われる「接待」とは風営法に関する解釈運用基準に定義が書かれています。

接待」とは、「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」をいう。
この意味は、営業者、従業者等との会話やサービス等慰安や歓楽を期待して来店する客に対して、その気持ちに応えるため営業者側の積極的な行為として相手を特定して興趣を添える会話やサービス等を行うことをいう。
言い換えれば、特定の客又は客のグループに対して単なる飲食行為に通常伴う役務の提供を超える程度の会話やサービス行為等を行うことである。

わかりづらいですよね?
これを読んで具体的に「接待」がわかる方はいないと思うのでわかりやすく書きます。

接待」とはお店側から特定のお客様に対して、食事の提供以上にサービスを提供することをいいます。

意外と飲食店や居酒屋でやってしまいがちな行為もあります。

具体的には以下のようなものをいいます。

談笑・お酌等

お客様に対してお店側が横に座って談笑したり、お酌をすると「接待」にあたる場合があります。
以下はきちんと定義されてるものです。

特定少数の客の近くにはべり、継続して、談笑の相手となったり、酒等の飲食物を提供したりする行為は接待に当たる。
これに対して、お酌をしたり水割りを作るが速やかにその場を立ち去る行為、客の後方で待機し、又はカウンター内で単に客の注文に応じて酒類等を提供するだけの行為及びこれらに付随して社交儀礼上の挨拶を交わしたり、若干の世間話をしたりする程度の行為は、接待に当たらない。

出典:風営法に関する解釈運用基準

「客の近くにはべり」とありますが、これはカウンター越しでもあてはまります。
よくバーテンダーがお客様の話し相手になっている場面がドラマや映画にありますが、あれらは「接待」にあたる可能性があります。

それに対して、お客様に挨拶をしたり、注文を取る際にする会話などは「接待」に当たらないとされてます。

ショー等

個室などでショーや芸者さんが踊りを披露するなども「接待」に当たります。

特定少数の客に対して、専らその客の用に供している客室又は客室内の区画された場所において、ショー、歌舞音曲等を見せ、又は聴かせる行為は接待に当たる。
これに対して、ホテルのディナーショーのように不特定多数の客に対し、同時に、ショー、歌舞音曲等を見せ、又は聴かせる行為は、接待には当たらない。

出典:風営法に関する解釈運用基準

ホテルなどの大きな会場で不特定に向けたショーなどは「接待」にはあたりません。

歌唱等

特定のお客様に付き、カラオケを勧めたり、デュエットなどをすると「接待」に当たります。

特定少数の客の近くにはべり、その客に対し歌うことを勧奨し、若しくはその客の歌に手拍子をとり、拍手をし、若しくは褒めはやす行為又は客と一緒に歌う行為は、接待に当たる。
これに対して、客の近くに位置せず、不特定の客に対し歌うことを勧奨し、又は不特定の客の歌に対し拍手をし、若しくは褒めはやす行為、不特定の客からカラオケの準備の依頼を受ける行為又は歌の伴奏のため楽器を演奏する行為等は、接待には当たらない。

出典:風営法に関する解釈運用基準

特定のお客様に付かず、不特定のお客様からカラオケの曲を頼まれて入れてあげるなどは「接待」にはあたりません。

その他

他には手を握るなど、体を接触させる行為は「接待」に当たります。

客と身体を密着させたり、手を握る等客の身体に接触する行為は、接待に当たる。ただし、社交儀礼上の握手、酔客の介抱のために必要な限度での接触等は、接待に当たらない。
また、客の口許まで飲食物を差出し、客に飲食させる行為も接待に当たる。
これに対して、単に飲食物を運搬し、又は食器を片付ける行為、客の荷物、コート等を預かる行為等は、接待に当たらない。

出典:風営法に関する解釈運用基準

挨拶で握手をしたり、お客様の介抱のために接触する行為は「接待」にはあたりません。

上記で見たきてものの他に注意すべき点は、「接待」といえば異性が行うものと思われがちですが同性でも「接待」は成り立ったり、お店の従業員出なくても派遣の人が「接待」をしても成り立ったりするなどがあります。

接待したらダメなの?

ここまでどのような行為が「接待」にあたるか書いてきましたが、「接待行為」をすると何がいけないのでしょうか?

それは風俗営業の許可が必要になってしまうからです。

風俗営業の許可を取らずに「接待」をしてしまうと罰則があります。

では風俗営業の許可を取ればいいじゃないか、という意見もありますが、風俗営業の許可を取るには以下の要件を満たさなければいけません。

  • 人的欠格自由に該当していないこと
  • 営業所の設備の基準を満たしていること
  • 営業するお店が禁止区域でないこと

上記の要件で満たすのが大変なのが「営業所の設備の基準を満たしていること」と「営業するお店が禁止区域でないこと」です。

お店が風俗営業の設備の基準を満たしていなければお店を作り替えなければいけませんし、そもそも風俗営業ができない地域にお店がある場合は許可は絶対におりません。

風俗営業許可の詳細は下記のページをご覧ください。

 

まとめ

知らず知らずのうちにやってしまっている行為もあるのではないでしょうか?

ここで書いてきたように①特定のお客様に対し、②食事の提供以上のサービスを提供しなければ「接待」に当たりませんが、どこからが「接待」に当たるかの判断は警察になります。

ご自身で判断がつかない場合などは警察や当事務所にお問い合わせください。

今まで「接待行為」をしていなかったのに、たまたまお客様と談笑してお酌などをしているところを警察に見られると指導が入ることがあったり、常習性が見られたり悪質だとみられると風俗営業の許可を取得せざるを得なかったり罰則をうけたりする恐れがおりますのでご注意ください。

当事務所では風俗営業1号許可の取得のお手伝いをしています。

お問い合わせ

メールやLINEでの相談は無料です。

飲食店の開業についてや、必要な許可のことなどお気軽にご相談ください。

またお電話、面談でのご相談をご希望のお客様はあらかじめこちらのメールフォームよりご予約ください。

ご連絡、心よりお待ちしています。