皆さんは「遊興」という言葉をご存知でしょうか?
遊興とは広辞苑にはこう書かれています。

①遊び興ずること。面白く遊ぶこと。

②遊里・茶屋・料理屋などで遊ぶこと。

出典:広辞苑

「なるほど、遊ぶことか」
と思っていただいていいのですが、実は飲食店で一定の条件でお客様に遊興をさせると風営法の許可が必要になることをご存知でしょうか?

風営法の許可が必要になると様々な条件を満たす必要があり、無許可で営業すると罰則もあります。

このページではもう少し具体的に遊興とは何なのか、飲食店がお客様に遊興をさせる際に気を付けることを書いていきます。

この記事はスポーツバーやダーツバー、飲食店でカラオケを設置してお客様に遊戯させるお店や、ライブハウスやショーなど生演奏を聴かせるお店の方に読んでほしい記事となっています。

遊興とは?遊興の具体例

具体例をあげる前に、警察から発表されている「解釈運用基準」には遊興させるとは以下のように書かれています。

「遊興をさせる」とは、文字どおり遊び興じさせることであるが、~(略)~営業者側の積極的な行為によって客に遊び興じさせる場合である。

参照:風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準について(通達)

このような行為をすると風営法の許可が必要になるとされていますが、具体的にどのようなお店が遊興をさせているかというと下記のようなお店が該当します。

  • クラブ
  • ダーツバー
  • スポーツバー
  • ライブハウス
  • 生バンド演奏やショーをやっている飲食店

例えばクラブは音楽や照明の演出でお客様にダンスさせてますよね。
ライブハウスやショーを見せているお店は、生演奏を聴かせています。

この「ダンスさせる」「生演奏を聴かせる」が遊興をさせるとしています。

「え?うちの店も遊興させているけど許可取らなくちゃいけないの?」
そう思ったそこのあなた。安心してください。

風営法の許可が必要になるのは以下の条件がそろった場合のみになります。

3つの条件がそろうと風営法の許可がいる

遊興をさせると風営法の許可が必要と書いていきましたが、許可が必要になるのは以下の条件をすべてそろった場合のみになります。

  • お客様に遊興させる
  • 深夜に営業している
  • お酒を提供している

これら3つの条件のどれか1つでも欠けると許可はいらなくなります。

「お客様に遊興させる」は書いてきましたので他の2つを以下になります。

深夜に営業している

深夜とはこの場合午前0から午前6時までを指します。
ですので深夜0時までにお店を閉める場合は風営法の許可はいりません。

お酒を提供している

お酒を提供するとは、無償有償問わずお店がお客様に出すのはもちろん当てはまりますが、お客様がお酒を持ち込んだ場合にグラスや氷を用意する行為や燗をする行為もお酒を提供するにあたります。

許可を取らないと罰則がある

上にあげてきた3つの条件がそろう場合は風営法で規定されている特定遊興飲食店営業許可が必要になります。

この特定遊興飲食店営業許可を取るには客室の面積を一定以上用意する必要があったり、周りに学校や病院があるとダメ等、様々な条件をクリアしなくてはならずハードルが高くなります。

無許可営業は2年以下の懲役、若しくは200万円以下の罰金、またはこれらが併科で科される可能性があります。

風営法の許可を取らなくてもいいように工夫する

「え、うちのお店は全部条件満たしたいるし、許可取らないと罰則もあるなら許可取らなくちゃいけないじゃん」と思ったそこのあなた。
いえ、まだあきらめないでください。
上記でも書いてきたように3つの条件がそろうと許可が必要になりますが、逆に言えば1つでも条件から外れれば許可は必要ありません。
時間を0時までにする方法が一番わかりやすい例ですね。

他の方法としましてはお客様に遊興させないというものがあります。
先ほど警察が発表している遊興させるという分のある部分に注目してください。
それは「営業者側の積極的な行為」というところです。

営業者の積極的な行為とはスポーツバーならお客様にテレビで流しているスポーツの応援をするよう呼び掛ける行為にことを言います。
ダーツバーならお客様にダーツをやるように勧める行為などが当たります。

ダーツバーやスポーツバーなどを営業しているお店はこれらの行為をしなければ遊興させるには当たらないとされていますので許可はいらなくなります。
お客様が自主的に行っているので営業者が積極的に関与していることには当たらなくなります。

クラブなどでは施設を用意して曲を流している時点で積極的な行為と取られてしまう恐れがあるので営業時間を0時までにする方法しかなさそうですが、これらの工夫をすれば許可はいらなくなります。

ただ、どのような行為が遊興にあたるかは最終的には警察の判断になりますので、ご自身で判断せず警察に聞くのが確実かと思われます。

まとめ

遊興とは何なのか?遊興などの条件を満たすと許可が必要なのはお分かりいただけたでしょうか?

特定遊興飲食店営業許可は2016年6月からできた新しめの許可なので対応できていないお店もあるとは思います。

これからスポーツバーやダーツバー、クラブなど遊興をさせるお店を開業する人も遊興とは何なのかを確認していただいて適切なお店の営業をしていきましょう。

当事務所では特定遊興飲食店営業許可の取得のお手伝いをしていますので、書いてきたような条件を満たして許可が必要な場合はどうぞご利用ください。

お問い合わせ

メールやLINEでの相談は無料です。

飲食店の開業についてや、必要な許可のことなどお気軽にご相談ください。

またお電話、面談でのご相談をご希望のお客様はあらかじめこちらのメールフォームよりご予約ください。

ご連絡、心よりお待ちしています。